MENU

クレジットカードの還元率が高いのは?

還元率とは何?

クレジットカードのポイントってバカにならないですよね。

 

私の友達はポイント還元率の高い航空会社系のクレジットカードを持っていて、支払いのほとんどをカード決済でやっているので、マイルが貯まるだけでなくすでにアメリカを往復できるだけのポイントが貯まっているそうです。

 

ポイントの期限がないので、もっと貯めて夫婦でアメリカに行くって言ってました。

 

でも私は普段そんなにお金を使うこともできないし、旅行に興味はなくて、たまのレジャーや食事が少しでも多くのポイントで支払うことができたらいいなと思ってます。

 

ところが、以前会社員時代に作って持っていたクレジットカードは、ポイントが貯まっても欲しいモノに使うことができなくて、ギフト券やプレゼント商品との交換しかできなかったんですよね。涙

 

さらにプレゼントの申込みをするのが面倒で忘れちゃって、期限切れでよくポイントを捨てちゃってました。。。

 

それがクレジットカードを変えようと思ったきっかけなのですが、調べてみると今はいろんなクレジットカードがあって、いろんなところで使えるメジャーな共通ポイントが高い還元率で貯まるカードがたくさんありました。

 

よくスーパーで現金支払いをせずに、クレジットカードで電子マネーの入金をして、電子マネーで支払いをしている人を見かけますよね。

 

後ろで待っている私はイライラしていましたが、あれはカード決済と電子マネー利用のダブルでポイントが付くので、高い還元率でキャッシュバックされるために、やっていることを今頃知りました。汗;

 

でも私はそういうのが面倒なので、できるだけカード決済での還元率が高いクレジットカードがいいです。

 

そこで高い還元率でポイントが付くクレジットカードを比較しましたので紹介します。

クレジットカードの還元率比較

 

 

還元率が高いだけではダメ!ライフスタイルに合ったカードを

我が家の必需品。ANAマイレージカード

マイルの還元率が高い

我が家では3枚のクレジットカードを使用しています。「ANAマイレージカード」「ANAマイレージファミリーカード」「まいどカード(出光)」です。

 

まいどカードはガソリン専用で、給油時に割引きになるので単純にお得です。

 

あとは私と妻で1枚づつ持っているのが、ANAのマイレージカードです。このカードは10年近くは使用してます。私達は昔、遠距離恋愛だった為、飛行機の頻度が高く、このカードを作るキッカケとなりました。

 

初めは年会費もかかる為、あまり乗り気ではなかったのですが、今となっては無くてはならない存在です。100円で1マイル加算される計算です。無料往復航空券が時期と行き先によって違いますが、だいたい11000マイル〜交換出来ます。単純計算ですと110万円クレジットを使用すると良いという事です。110万円というと、厳しいように思えますが、ボーナスマイルや搭乗マイル等含めると、意外とスグ貯まります。

 

我が家の奥さんの実家が離れている為、何度となく無料航空券を使用しています。他のクレジットカードと比べても還元率ははるかに高いと思っています。

 

クレジットカードは生活と密接に関わってくる便利なツールですので、個々のライフスタイルに合ったカードを使うのが一番だと思います。

 

使用するクレジットカードを一枚に絞っています

高い還元率のカード1枚に絞る

私は大金を持ち歩くのが怖いので、財布の中にはいつも数千円しか入っていません。その代わりに、急な出費やホテルなどの宿泊費の支払いの際にはクレジットカードを使用しています。

 

少額のこまごまとしたの出費は現金、大金を支払う時はクレジットカードというようにわけるようにすれば、クレジットカードのポイントも稼げますしね。カードも複数持つとそれぞれのポイントが溜まるまでに時間がかかってしまうため、
主人も私もメインカードを一枚に絞って使うよう心がけています。

 

今いちばん使用しているクレジットカードをメインカードにしている理由は、どんなお店で使用しても還元率が基本的に1%と高いこと、入会費、そして翌年以降の年会費も無料であること、特定のショップで使用した場合には還元率がさらにあがり、2〜3%になること、などがあげられます。

 

カード会社によっては還元率が低いものや、せっかくポイントをためても良いものと交換できないという場合もあるため、一度ご自身がお持ちのクレジットカードについて調べ直してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

使えるクレジットカードはこちら (初めてのクレジットカード選び)